遺産となる家を相続せず壊して土地を売るには

今現在ご両親が生活している家やご両親と同居している家というのは、ご両親の名義である以上ご両親が被相続人となった後は、相続人が相続をしなければなりません。
同居している場合には相続人がそのまま継続して生活する可能性も高くなりますが、そうでなかった場合には、被相続人の亡き後にどうするのかといった部分で様々な方法を考えなくてはなりません。

家を相続して、誰かが住むのであればこれで結果オーライとなるのですが、特に生活をしたいと思っている相続人がいなかった場合には家そのものの賃貸物件として貸し出す方法や家を売るといった方法もあります。
またこの他にも家を相続して住むのではなく、取り壊した上で土地を売りたいと考える人もいるでしょう。
このような場合にどんな手続きが必要になるのかというと、まずは一旦相続しなければなりませんから、税理士の先生に相談しながら相続税の納付までを進めていかなくてはなりません。

一度相続登記をしてから取り壊しや土地の販売となる

ご両親の住んでいた家を相続せず取り壊して土地を売りたいといった場合であっても、それまでの持ち主であったご両親がいなくなったからには相続人が一度自分たちの持ち物として相続登記を行い、その上で家を手放すといった運びになります。
また相続人が複数いる場合には全ての相続人が家を取り壊して土地を販売するということに同意していなければならず、誰か1人でも利用取り壊すことに反対している状態であれば強引に取り壊してしまうことはできません。

相続登記をする際にも複数の相続人で家の広さを分割しながら行わなくてはならないので、少々面倒に感じてしまうことがありますが、このあたりは仕方がないという印象です。
相続登記を行うには家や土地を管轄している法務局に届出をする必要があるのでご実家と離れた場所で生活しているといったケースではご実家がある場所まで出向き、法務局で手続きをしなければなりません。
どうしても忙しいようであれば郵送での申請も行えるのですが、家や土地の持ち主となっていたご両親の書類が必要になりますので、最低でも一度は出向く必要が出てくるでしょう。

その上で相続登記を行い財産分与も済ませた上で相続税の申請と支払をしなくてはなりません。

家の取り壊しを行った後の販売は不動産業者に任せる。

相続登記と相続税の納付が終わったあとは実際に家を取り壊すことになりますが、手続きが終了し、家も土地も販売するのであれば、ここからは不動産業者を介して買い手を見つけることになります。
知人などが購入してくれると言う話が出来上がっているのであれば、わざわざ不動産業者を倒す必要はないかもしれませんが、それでも手続き上面倒なことはたくさんあり後々のトラブルを避けるためにも不動産業者を通しておく方が安心です。
また、こうした家屋に関しては相続人のうち誰か1人が相続登記を行った上で取り壊しをして、その土地に関しても誰か1人が代表で相続し、最終的に買い手が見つかって土地が売れた時点で売れた金額そのものを複数の相続人が平等に分割するといった方法もあります。

このような場合であっても最終的な分割が終了するまで他の相続人が同意さえしていれば特に問題はありませんので、最初の段階で分割しそれぞれに相続登記を行うことや、土地の販売をするのが面倒だという場合には全てを一つの流れとして相続人の1人が行い土地が売れて初めて、それぞれの相続人で分与しても良いでしょう。
ただしこのケースでは代表となる相続人が家屋や土地の相続登記を行った時点で相続税を支払わなくてはなりませんから、ここで支払った相続税については最終的に全員がその側面に帳尻を合わせ、支払うべき相続税についても平等にしたほうが後々トラブルになってしまう事も防げます。