生前に介護していたら相続の取り分が多くなる?

ご両親がある程度年齢を重ねると介護が必要になるといったケースは少なくありません。
そんな中お子様が複数人いるといった場合には、誰がご両親の介護をするのかがとても重要になってくるのですが、ここで介護している人間は将来的に相続問題が発生した際に介護をしていた分たくさん分与できるかというとそうではなく、実際には全ての相続人が平等に分与するといった形になっています。

介護していたからといってたくさん分与してよいなどという決まりはなく、あくまでも相続人が複数いる場合にはすべての相続人に平均して、分与されるようになっています。

遺言書で指示されていれば多くの財産も受け取れる

上記のように基本的には相続人全て平等に分与することになっているのですが、被相続人が遺言書で介護してくれた相続人に対し、他の相続人よりも多くの遺産を残すと遺言を残していれば、当然ながら多くの遺産を受け取ることができます。
このような場合には、遺言書の中でしっかりと金額についてまで指示している必要があるため、金額についての指示がない場合には、まず平等にそれぞれの相続人がどれだけの分与分を受け取れるのかを考えた上で介護していた相続人が他の人よりも多くの分野分を受け取ることができるように考えなくてはなりません。

しかし、このような内容について身内だけで話し合いをしていても他の相続人としては介護をしていた相続人に対しどれだけたくさんの遺産をとらせば良いのかがわかりませんから、このようなケースでは介護していた相続人を含めて素人の相続人だけで相談するよりも税理士に相談した上で妥当な金額を教えてもらうのが良いと言えます。

遺言書がない場合には全ての相続人が同意することが大切

上記のように遺言書が残っていなかったと言うケースでは、基本的に平等に分与する必要がありますが、それでも介護していた相続人以外の相続人が同意すれば介護していた相続人が多くの分与分が受け取れる可能性が出てきます。
やはり介護して大変な思いをしたという部分で少しでも財産も多く取って良いと言われれば、円満な解決も望めるのではないでしょうか。
もちろんこのような部分においても十分な相談が必要となり、遺産分割協議を行う際に喧嘩になったりすることがないように気をつけなくてはならないのですが、必ずしも遺言書による指示ではなく、他の相続人がOK を出してくれればなんの問題もなく介護していたご本人は少々多くの遺産を受け取ることができます。

ただ実際にはこのように円満な解決ができるというご家庭が少なく、基本的な法律としては遺言書がない限り平等に遺産を分けなければならないので、こうした部分から介護していたかどうかにかかわらず強度に平等に分けろと言う人もいますので、そうなってしまった場合には介護していた本人として少々納得がいかないかもしれませんが、平等に分与する方が骨肉の争いになったりすることもなく後味も良いといえるでしょう。
ただし、被相続人の生前に介護に必要となった様々な介護用品などの費用については遺産相続を行う際に相殺できる可能性がありますので、このような部分も税理士の先生に相談してみると良いでしょう。

介護をする立場としてはとても大変な思いをするのですが、前述の通り介護をしたからといって必ずしも遺産を多く受けているわけではありませんから、このような部分は勘違いをしないように気をつけましょう。